SingTelのSIMカードのデータプラン申し込み in チャンギ空港【ANA SFC修行のお供に編】

Pocket

どもーきりんでございます。

最近非定期更新になりつつある今日この頃です。

さて、シンガポールライフをさらに楽しむために、

日本と変わらないネット環境が欲しいですよね。。

所有しているSingTelのSIMカード(hi! 3G Prepaid $18)を

以前の記事↓で日本からチャージして、有効期限を延ばしました。

せっかくなので、シンガポールで使ってみましょう!ということで、

その使用感となります。

 

スポンサードリンク

 

データプランの加入は至って簡単

アクティベート済みのSingTelのSIMカードをSIMフリースマホに差しても、

電話は出来ますが、実はそのままだとネットが使えません。

厳密には使えるのですが、

すぐそのアカウントにチャージしたお金がなくなってしまいます(何度も経験有)。

 

まずは、データプランに加入(Subscribe)することが重要です。

その方法をご紹介。

1.シンガポールに入ったら、

該当SIMを差したスマホで*363に電話します。

2.以下のSMSが届きます。

1(Prepaid Data Plans)を返信してください。

 

3.次のSMSで

2(Subscribe to Prepaid Data Plans)を返信します。

 

4.どのデータプランに加入するかのSMSが届きます。

これに関しては、人によると思うのですが、

私は心配性なので、2(3-Day $15 Ultimate 6GB)を返信しました。

3日で、6GBのデータ使えるというものになるのですが、

ちなみに頑張っても数百MBしか使いませんでした……。。。

 

5.今の加入の申し込みの確認SMSが届きます

SG$15がSIMアカウントから引き出されると言ってます。

必ず、1の返信を忘れないようにしてください。

 

6.完了のお知らせです。

これでデータプラン加入が終わりです。

もう思う存分ネットを使うことが出来ます。

ちなみに、iPhoneの場合は、

APNの設定もする必要なく自動でされました。

 

このおかげで、タクシーの運転手が私のホテルの場所を分からなかったのですが、

グーグルマップを使って誘導できました。

実際シンガポールの多くの施設内はWiFiが使えるのですが、

いざという時に便利ですね!

Sponsored

 

追記

現在は、singtelよりtourist SIMが出ていますので、短期観光旅行客はそちらを利用すると便利です↓。

ではでは〜。

 

Pocket

コメントは受け付けていません。