台湾の原宿、西門町に行ってグルメを堪能してきた 台北旅行2018

Pocket

きりんです〜

ずっとブログご無沙汰だったので、ここぞとばかりに更新しております〜

今回は台湾の原宿と言われる若者率が高い街(あれ?なんか歳を感じる..)、西門町に出かけてみました。

西門町へは、私の滞在していたarTree Hotelからだと、台北小巨蛋駅から松山新店線で西門駅へ乗換なしでいけます。

Sponsored

 

西門町ブラブラ

これは西門駅から出たところ。

結構朝方早めに着いたので、混雑するはずの西門町もガラガラでした。

 

ココナツ入りのザボンティーをその辺でテイクアウトして、ブラブラ。

やっぱり全体的に歩いてみて思ったんですけど、日本のスポットと比較して、規模がかなり小さいかな〜。

 

阿宗麺線

西門町に来たら、「阿宗麺線」へ行きなさいとお友達から教わっていたので来てみました👶

ここだけ妙な人だかりなんですよね。

麺のサイズが大・小と選べるのですが、小を選びました。

皆さん立ちながら食べるので、小を選ばないと大変だったかも。

 

55元(約¥210)でした。

味は、カツオのお出しが効いたにゅうめんって感じ。

パクチーモツのようなものも入ってるので、苦手な人は苦手かも。

あと、近くでチリソースをかけられます。

 

半島珈琲(Penland Start Coffee)

お隣りにあった半島珈琲(Penland Start Coffee)で一休み。ブラックコーヒー40元(約¥150)。

味は・・普通。

後で調べたら、蜂大咖啡っていう有名な珈琲店があったのね〜事前に調べてくるべきだったわ😥

 

他にも色々と街を回ったところで、適当なお店で台湾名物カキのオムレツ発見。

もう既にお腹いっぱいだったので、テイクアウトしてきました。

60元(約¥230)でした。安いー

 

開けてみると、

甘辛のソースがかかっていて、美味しかった〜

カキもかなりの量が入っていて、びっくり。

 

という感じでブラブラしていたのでありました。

ではでは〜

Pocket

コメントは受け付けていません。