マレーシアのKFC(ケンタッキー) 後編 〜英語での頼み方〜

Pocket

どもどもー、きりんです。

前回、マレーシアでのKFCの紹介をしました。

本日は、頼み方についてお話ししたいと思います。

(多くのファーストフード店で応用出来るはずです)

とは言うものの、

私、

マレー語しゃべれません

Terima kasih(ありがとう)、Sama sama(どういたしまして)くらいしか知りません。

 

スポンサードリンク

 

なので、私は心もとない英語で意思を伝えます。

How can I help you, ma’am?(いらっしゃいませ)」と

言われても動じてはいけません

頼み方は至って簡単です。

例えば、A meal(Aセット)を頼むのであれば、

I’d like A meal.」または、「Can I have A meal?」無理なら「A meal, please.

さらに無理であれば指を指しながら「That one, please.(あれ下さい。)」

 

他には番号で言うのもかなり有りだと思います。

10番と書いてあれば、

「Number 10 please」で大丈夫です。

 

おそらく聞かれるのは、ドリンクはどうしますか?のような質問をされますので、

同じ要領で、Coke(コーラ)、7up(スプライト)、Mountain Dew等を頼んでください。

もし、どのようなドリンクがあるかを聞きたい場合は、

What kind of drink do you have?」と聞けば良いと思います。

それだけですか?(「That’s all?」等)と最後に聞かれれば、

That’s it.(それだけです)」で大丈夫です。

 

最後の最後に一番始めに、

マレーシアの多くの場合「Having here, or take away?(ここで食べるか、持ち帰るか?)」

と聞かれますので、

ここで食べるなら「Here.

持ち帰るなら「Take away.

と答えてください。

 

頼み方は以上です。

さて、次はお金をいくら払えばいいかですが、店員さんは最後に値段を告げてくれます。

例えば、RM8.50であれば”Eight Fifty“、RM1.25でしたら”One Twenty-five“です。

英語ではお金は小数点で区切られて読まれます。

….これに関しては、レジの数字を見れば済む話ですけどね。

 

たいていの場合、これで済んだと思います。

マレーシア人にも地域によっては英語を喋れない方も結構いますし、

お互い英語ネイティブではないわけですから間違えても焦らずいきましょー。

お役に立ちましたら幸いです。

ではではーごきげんよう!

 

Pocket

コメントは受け付けていません。