ペトロナスツインタワー(Petronas Twin Towers)@KLCC【クアラルンプール・マレーシア】

Pocket

Twin Towers

きりんです。

ペトロナスツインタワーってご存知でしょうか?

そうです、マレーシアの首都クアラルンプール(Kuala Lumpur)にある

マレーシアの中で最も有名で定番な観光名所ですよね。

スポンサードリンク

 

ペトロナスツインタワー(Petronas Twin Towers)の概要

マレーシアの国有巨大石油会社ペトロナス(Petronas)が保有する

2つの塔が空に向かってそびえ立つ様子は、

ASEAN経済の本気度を象徴しているように私には見えました。

台北101に抜かれるまでは、世界一高い高層タワーでした。

施工業者は日本と韓国の企業が各々の塔を担当したそうです。

 

ツインタワーを見てみよう〜

お昼時

アンパン地区方面から見たツインタワー

ツインタワーの入り口はこんな感じ。

目の前にある道路は非常に流れが激しいので紹介した地下通路を使うといいです↓。

お昼ののどかな時間。

みなさん涼んでます。日陰がこの日はあってまだ暑くないのでしょう〜

 

KLCCパークには本当緑が豊かで、晴れた日は気持ちが良いです(ただしすごく暑いですが( ; ; ))。

 

日が暮れ始めると、人が集まり始めます。

この時間帯になると、過ごしやすい気温になるので外でのんびりできます。

 

ライトアップもすごく綺麗です。

 

噴水ショーのレイクシンフォニー(Lake Symphony)が始まりました。

 

KLに来たら、これは外せませんね!

 

動画(1080p)もアップします👆

 

スリアKLCC(Suria KLCC)

このタワーの下にはスリアKLCC(Suria KLCC)と呼ばれるショッピングセンターが入っております。

Suria KLCC

日本の紀伊国屋も入っていて、日本語コーナーには日本の方がたくさんいますので

安心ですね。よく私も立ち読みしに行きました。

基本は英語版の本で、英語に翻訳された本を楽しそうに読む子供達を見ているとこれは英語出来るよね!と妙に感心したりします。

 

また、日本では手に入りにくい本もたくさんあり、寄って見るといいかもしれません(冷房効いてて気持ちいいですし)。

伊勢丹もあり、お世話になりました。

 

アクセス

アクセスはラピドKLクラナジャヤ線のKLCC駅から地下の連絡通路で直結しております。

KLCC駅に着いてからツインタワーへの行き方が分からなくても、

人の流れに付いていくと自ずと導かれますのでご安心ください。

 

ホテル紹介

ペトロナスツインタワー付近のホテルを格安ホテル予約サイトAgodaより紹介します。

このホテルの良いところは、それなりに安いのにハードがしっかりしていて、

何でも揃うアベニューKのお隣。ツインタワーも歩いていけます。

失敗したくないKL初心者にオススメです。

 

というわけで、今回はクアラルンプールの説明を省いてしまいましたが、

またどこかで追々やっていきたいと思います。

ではでは〜。

 

Pocket

コメントは受け付けていません。