ヒリゾ浜 (南伊豆・中木) で渡し船からシュノーケリング2017夏 ~駐車場の混雑はお盆明けでもなかなか大変編~

Pocket

きりんです〜

伊豆で最もシュノーケリングで有名なスポットといえば、ヒリゾ浜

ヒリゾ浜へは数年前に数回行ったことがあるのですが、記憶が全くありません🆖

せっかく伊豆へ来たのですから、ヒリゾ浜へ行ってみることにしました。

遅起きのきりんは果たしてヒリゾ浜へ無事着けるのでしょうか・・?

ヒリゾ浜に関して詳しいブログが多いので、きりんのメモとしてお読み頂ければと思いまする。

Sponsored

 

とりあえずホテルからヒリゾ浜船着場へ

出発前に「中木駐車場情報センター」さんのページから一応駐車場の混雑状況をチェック。

すると、もう早朝の時点で満車の文字が・・。

とりあえず、行ってみようということで、ヒリゾ浜に出発。

Google Map

だいたいホテルを出て、3時間くらいはかかったかと思います。長かった・・😨

 

中木の駐車場近くに来てみると、「満車」の文字が掲げられていて、

駐車場の入り口にすら入れない状況

恐る恐る係らしき人に聞いてみると、

どうやらPM12:00ちょっと過ぎくらいに駐車場の入れ替えがあるから、

それまで手前の山道で待っててね〜👌

とのこと。偶然にもちょうどぴったり。

 

中木駐車場情報センターの「駐車場整理再開」ってこのことだったのかぁ〜と思いつつ、

山道で車列に並ぶこと数十分、駐車場に入ることが出来ました。

駐車場は有料で1日¥1,000(なお、レシートは帰りに渡すことになるので保管すること)。

 

この景色を見て、あ〜そういえば来たことがあったような気がするなぁ〜と思い出してきました。

 

ここからヒリゾ浜への渡し船のチケットは¥1,500でトイレ近くにあるテントで購入しました。

船は数分感覚で頻繁に出入りするので、ここまでくれば焦る必要はありません。

 

ヒリゾ浜船着場からヒリゾ浜へ出発

ヒリゾ浜までは目と鼻の先で、舟に乗ること数分ですぐに着きました。

 

ヒリゾ浜ではテントが張り巡らされていましたが、想像よりも混んでない感じ

(普通に考えたらすごい混んでるけど)。

 

ヒリゾ浜の海と魚

早速泳いでみます。

まずは、浅瀬からソラスズメダイが迎えてくれます。

 

シマシマの黄色も可愛い。

 

スズメダイゾーン突入です❗

 

警戒心が薄く、突入しても逃げずに避けるくらい。たくましいヒリゾの魚。

 

なんだろう、この黒い魚の集団?

 

チョウチョウウオ発見❗

 

キレイだね〜

この他にもアオリイカの大群やウツボも見ました。

 

水中動画(1080p)はこちら👆

 

まとめ

ヒリゾ浜は確かに日本屈指の魚の宝庫だと思いましたが、

行くまでが大変で、これなら沖縄の方が楽なのでは?と思いました。

水質は沖縄には劣りますし、ストレスフルな環境なのがイマイチなところでした。

 

ヒリゾ浜に持っていけばよかった物

テント

皆さんテント張られていたので本当良いなぁ〜と思ってました。
人がたくさんいる中、プライバシー確保出来たり、強い日差しから守ってもらえますね。
多分必須。

 

パラソル

これもテントと同じ理由。こちらの方がかさばらない分楽かも?

 

レジャーシート

荷物など置き場確保に重宝しそう。

 

クーラーボックス

浜には飲み物はありません。これがあれば冷たい飲み物も持っていけますね。

 

Pocket

コメントは受け付けていません。