ハノイ土産Coffee Kopiluwak(コピ・ルアク) ジャコウネココーヒー買って来ました〜

Pocket

きりんです〜ハノイに行ってから、さらにコーヒーにハマってしまいました。

良い感じのコーヒー屋さんが歩く度にあるので本当コーヒー天国ですね!

それにどのカフェにも無料wifiが設置されていて、マレーシアとは異なり回線も速くて快適です。

さてさて、ホアンキエム湖近くにあるハノイのコーヒーメーカー「An Phu Coffee」の「Coffee KOPILUWAK   NO.2」を購入してきました〜

Sponsored

 

KOPILUWAK(コピ・ルアク)とは

ジャコウネコの未消化のフンから取り出された希少価値の高いコーヒー豆。

この猫は本当に美味しい豆しか食べないのと、

腸内で発酵されることで非常に美味しくなるんだとか。

 

実際、コピ・ルアクは後に飲んだのですが、独特な芳醇な香りがして美味しいです。

 

店内にて

これを購入した店内にあるKOPILUWAKは、NO1, NO2, NO4があって、店員さんによると、一番NO2がオススメとのこと。

次に、NO1そして、NO4の順かなと教えてもらいました。

確かに、お豆の香りチェックをさせてもらうと、私の好きな順序もその順かも。

これがすごく安くて、200gで、1袋300,000VND(約1,300円)でした。

確かこのコーヒーって日本で買ったら1万円近くしたはずですよね〜?!

なんかすごく得した気分。

 

側面にはコーヒーの入れ方が書いてあります。

 

Weasel Coffee / Blue Mountain

他にもWeasel coffee、Blue mountain(ブルーマウンテン)などなどが日本の物価ではありえない価格で置いてあり、

コーヒー好きのきりんにはたまらない空間でございました( ^ω^ )

ただ、Weasel coffeeもコピルアクだと思うんだけど、私が購入したKOPILUWAKとWeasel coffeeはどう違うんだろう。。聞いておけばよかった。Weasel coffeeの方もすごく芳醇な香りがして買おうか迷ったんだけど。

→ ちょっと調べてみると、Weasel coffeeの方は人為的に発酵させたものみたい。

 

一緒にベトナム式コーヒーフィルターを1個30,000VND(約130円)で別途複数購入。

これで日本帰ってからも味わえる〜

 

なお、購入すると店内で豆をミルするか聞かれますが、私はなるべく酸化を防ぐべくお豆のままでお願いしました。

店員さんの感じもすごく良いし、ベトナム良いですね〜〜( ◠‿◠ )

この後、コーヒーフィルターを使ってコーヒーを入れて飲んでみましたよ。

 

Pocket

コメントは受け付けていません。