ニャチャンのカフェについて

Pocket

はじめに

ベトナムコーヒーのことは全く詳しくない。

が、経験に基づいて、以下はまとめたものである。

ニャチャンは大通り以外英語はほぼ通じない。

ベトナムのカフェの流れは、経験的に以下の通り。

 

スポンサードリンク

 

オーダーしてみる

ベトナム風のコンデスミルク入りのコーヒーなら

Ca Phe Sua Da(カフェ・スア・ダー)

コンデスミルク抜きなら

Ca Phe Den Da(カフェ・デン・ダー)

と言えば良い。

 

なるべく「カフェ・・スア・・ダー」と区切った方が分かってもらえた。

「Da(ダー)」は氷のことらしく、基本的にはそれを言わなくても、

氷入りねと暗黙の了解のように持ってくる。

ということで、「カフェ・スア(ミルク入)」、「カフェ・デン(ブラック)」。

 

カフェ・デンの場合は別にお砂糖を持ってきてもらえると思う。

カフェのメニューによっては、英語表記ゼロで、

写真のないロシア語併記のベトナム語だけの場合が結構あるので、

覚えておいた方が良いと思う(メニューすら無い場合もある)。

 

基本的なオーダー後の流れ

  1. ジャスミンティー(??)または水、その他の飲み物が出される
  2. フィルターが乗っかったグラスが出される
  3. 氷がどっさり盛られた器が出される
  4. フィルターによっては通りが悪い場合があるので、フィルターを傾けたりしながら、コーヒーがコップに溜まるのをジャスミンティーを飲みながらゆっくり待つ(だいたい5分くらい?)
  5. だいたいコーヒーが出切ったと思ったら(濃厚なので少ない)上のフィルターの蓋を裏返しにして、フィルターに残ったコーヒーが溢れないよう蓋の上にフィルターを置く
  6. スプーンでかき混ぜながら、コーヒーに好きなだけ氷を入れる
  7. お会計は基本的にテーブルで英語が通じるカフェならアジアではcheckは通じないので、「bill please」でお会計してもらえる。

英語が通じないカフェは手を挙げて、

親指と人差し指を重ねて、サインを書く仕草をしながら、

ティン・ティエン(Tinh Tien:お会計お願いします)と言うと

分かってもらえる。

 

Pocket

コメントは受け付けていません。