ドバイ空港でSIMカード買ってみた-du or Etisalat?-

Pocket

きりんですー

ドバイネタ久しぶりです^ ^

今回はドバイ国際空港(DXB)で入国時にSIMを買いました。

どうやらドバイにはduEtisalatという

2大通信キャリアがある模様。

で、いろいろ調べてみると、duの方が良さげ

私はduでsimを買うことにしました

 

スポンサードリンク

 

空港でduのSIMを買うぞー

duのSIM売り場@ドバイ空港

空港内のduの場所は他のブログの方をごらんください

ざっくり書くと、まず入国して、税関を出たら、

左手へ道なりに進みます。

すると、すぐにpolice stationと両替所が見えて、

両替所の近くにetistatがあります。

 

この辺はズーーット不動産やら両替所やらのお店が

陳列されていて、

それらを横目にずーっと奥まで進むと、

水色のduの文字が見えるはずです( ^ω^ )

 

duのSIMプラン

だいたい旅行者用のSIMはVisitor Mobile lineの一択みたい。

価格は35DH (約¥1,090) でした(手数料等かかりません)。

 

内容は

  • 20分無料通話(国際電話含む
  • 20回SMS無料
  • 200MB分のデータオートチャージ
  • 期限:1週間

SIMカードの形式は全ての形に対応していて、

わざわざnano SIM用にカットしてもらわなくても対応してます。

また、SIMを入れ替えるのに必要なピンも入ってました

 

店員さんの後ろに広告があり、

この500MB版もあるようだったのですが、

今はやってないとのこと。

 

データのリチャージカードも追加購入

200MBで足りるかなぁ〜と思い、

データのリチャージカードを追加で

300MB分購入!50DH (約¥1,560) でした。

(ちなみにグーグルマップも使ったのに結局50MBも使わず・・・)

 

リチャージカードは

マレーシアのトップアップカードみたいなものです。

 

SIMの購入の際はパスポート必須です

(空港の場合は持っていると思いますが・・・)

 

アクティベート方法

まず回線を通すのに5-25分待ってから

SIMを入れてアクティベーションしてくださいと

言われたのですが、一向にduの電波を摘まず。

だいぶ後になっておかしいなと思い、スマホを再起動したらつかんだので、

SIMをスマホに入れてある程度時間が経ったら、

スマホを再起動されることをお勧めします。

 

du電波をつかんだら、

アクティベーションのために「*135」に電話。

英語でない自動音声が流れるので無視して「2」をプッシュ。

その後、アクティベーションの確認のための「1」をプッシュ。

これで電話を切ると、SMSが届いて、通話とデータが使えます。

 

リチャージ方法

もしリチャージするのであれば、それから、

*131*リチャージカードのスクラッチ番号#」に電話するだけ。

(私は十分過ぎたので結局リチャージしませんでした・・)

 

結論

とっても簡単でした。

ドバイでは通話とデータが本当役に立ったので、

SIMは空港で購入するのがイイですヨ〜

ではでは〜

 

Pocket

コメントは受け付けていません。