ドバイの7つ星ホテル、ブルジュアルアラブ(Burj al-Arab)を見るなら 2nd ~ドバイのタクシー事情~

Pocket

 

きりんです*^-^*

実は、ブルジュアルアラブについては前回で終わっているのですが、

それに加えてドバイの交通手段の一つタクシー事情をお話したいと思います

(昼間の外はとても暑いので必須です)。

 

スポンサードリンク

 

ドバイのタクシー事情

ドバイのタクシーは運営会社によって、

赤、黄、緑、オレンジ、青の色で分けられています。

基本的にはどれを乗っても変わらなかったと思いますが、

白タクだけは乗らないように気をつけましょう。

 

さて、ドバイはチップが必要です。

2−3DH(50−90円)が相場だと言われていますが、

チップはいいサービスを受ければそれに比例して渡しましょう。

逆に嫌なことがあればチップはあげません。

私は基本的にお釣りをチップとして渡しました。

あえていうなら、「お釣りはいりません」は英語で「Keep your change.」です。

 

 

注意点

夜がふけるにつれて流しのタクシーは一気に減ります。

いても白タクだったり。

なので、近くにホテルがない郊外に行かれて夜遅くなる場合は注意が必要です

(今回紹介しましたスークマディナジュメイラには

タクシー乗り場がありますのでご安心ください)。

発見出来ても、強引なヨーロピアン達に奪われないように意思表示しましょうね。

場所によっては流しのタクシー合戦になります。

それと、空港からは一人乗りを受け付けていない

ファミリー向けタクシーなどがありますので一人で行かれる方は注意。

もう1つ、タクシーの運転手はほとんどが出稼ぎ外国人ですので

道を把握していない運転手もいます。

1度だけ出会いました。

グルグル回られる前にきちんと行き方が分かるか確認した方が

いいかもしれません。

英語は通じますよ。

 

 

注意ばかり書きましたが

客からのクレームに対して厳しい処置があるためか、

ドライバーは基本的にいい人多かったです。

他の国に比べてとても安全に感じました。

 

 

またドバイのことで書くことがあるかもしれないです。

今回はこの辺で失礼します〜。

 

Pocket

コメントは受け付けていません。