ソニーのイヤホンMDR-XB30EXを購入してみた。

Pocket

きりんですー。

今回は、SONYから出ている

密閉型インナーイヤホンレシーバー(MDR-XB30EX)の紹介です。

(MDR-XB30EX Amazon.co.jp)

私はそこまで音質にこだわるタイプでもなく

Amazonで、安価で最も人気の

Panasonicインナーイヤホン(RP-HJE150)を利用していました。

これですね

(RP-HJE150 Amazon.co.jp)

可も否も無く、無難な音質でしたので、

特に気にすることなく使っていました。

しかーし、ふとCDプレイヤー付属のソニーのイヤホンを使ってみると

全然音の感じが違うんですねー!

音の広がりというか透明度というか…。

そこで、ソニーのイヤホンっていいのかな〜と思いまして、

購入に至ったわけです。

出来るだけ安いイヤホンを選びました(^^)b

 

スポンサードリンク

 

開封

開封してみました。

こんな感じです。

透明のボックスにイヤホンが入っていました。

パッケージ包装は、

です。

あーなるほど。EXTRA BASSですかー。

 

 

使ってみた感想

着け心地はとてもいいです。

耳にぴったりフィットしますね。

耳に入れるドライバーユニット部分が大きめなので、

付けてるよー!というガッチリした感じがあります。

これは個人によって好き嫌いがあるかもしれません。。

が、いい音出しそうな感じがしますよ。

 

ケーブルを伸ばしてみると分かるんですが、

ケーブルの長さが人によっては若干長いかもしれませんね。

こんな感じです。ケーブル長1.2mです。

そのため、付属でクリップも付いてきますが、

私はクリップが重く感じたので付けていません。

 

 

使い心地

音質のことは詳しくは分からないのですが、

包装でEXTRA BASSと書いてあっただけあり、

私でも低音がすごく響いてくるのが分かりました。

全然違います。

それ以外は…あまり変わらなかったかも(^o^;)

よく見ないで買ったのですが、

製品紹介でも「迫力の重低音」って書いてあったんですね〜。

中高音もクリアと言われれば確かにそうかもしれないと

納得レベルです。

音楽で言うと、

テクノのようなダンスミュージックを聴いてみると

「お〜なんか全然違う曲のように感じる!」

感動です。

また、重いロックミュージックでも迫力はありますね。

あとは、特にPanasonicのイヤホンで十分だったかもしれません。

 

 

まとめ

ということで、 聴く音楽ジャンルによって

使い分けが必要なイヤホンでございました。

勉強になりました!

ではでは〜。

 

Pocket

コメントは受け付けていません。