シンフォニー・オブ・ライツ(Symphony of Lights)@ヴィクトリア・ハーバーをきりんが観る!香港の夜景は凄い!

Pocket

きりんです(・ω・)/

以前友人に頼んでiPad mini Retina版を香港で購入してきてもらいましたが

(参考:こちらの記事)、

実はきりんも香港へは行ったことがあります!

香港と言えば、100万香港ドルの夜景

一度は見たい!

ということで、香港でシンフォニーオブライツを見に行きました。

 

スポンサードリンク

 

シンフォニーオブライツを観るには

ヴィクトリア・ハーバー(Victoria Harbour)

毎晩夜8時から15分間行われます。

もちろん無料で観ることが出来ます。

私は、ヴィクトリアハーバー沿いの

ブルースリー像で有名な

アベニュー・オブ・スターズ(Avenue of Starts:星光大道)

を目指して、MTR(鉄道)を使って行きました。

 

始めはモンコック(旺角)付近にいましたので、

ツェンワンライン(Tsuen Wan Line)で、

チムシャツイ(尖沙咀)駅へ向かいました。

アベニューオブスターズへ行くための地下連絡通路がありますので

(確か構内の案内図に分かりやすく書いてありました)、

歩いて通過して、出口を出ると、人の列が道を示してくれるはずです(^^;)

(私の手持ちのガイドブックには、J4出口と書いてありますが、

どうだったかは覚えてません…)

シンフォニーが始まる大体15分前くらいに到着しましたが、

人が既に多いです〜。

 

なんだか日本の企業の広告も端の目立たない位置。。

これが世界から見た日本企業の立ち位置になってしまったのでしょうか..とか

真面目なことを考え始めるきりん。

 

さて、そうこうしているうちにシンフォニーが始まりましたー。

音楽と中国語?のアナウンスが流れてきます。

おそらく始めはビルの説明をしているのでしょう。

香港にいるんだなと実感させられます。

音楽に合わせてビル群から、なぜかライトビームが発射されます。

船もちゃっかり横切ります。

 

IFC(国際金融中心)側からもビームです。

 

この少し前に、お台場の夜景を見ているのですが、

迫力(というよりも趣向?)が全然違います。

同じ海岸沿いの夜景なのですが。

日本も観光立国を目指すならこういうアピールを積極的に行っていくと、

面白いんじゃないのかなーと素人目から思います。

お台場や横浜湾はもっと有効活用出来そうですから。

 

 

あっと言う間に15分間が終わり

せっかくなので、香港スターに会いに行きます。

といっても手形。

ジャッキー・チェン(Jackie Chan)です。大人気です。

CHANと書いてあるので、

ジャッキーチャンという似た名前の人の手形かと疑いましたよ。

 

ジェット・リー(Jet Li)です。人少ないです。

白いゴミまで落ちてます…。

ハリウッドでも活躍しているのに、残念です。

 

最後にブルース・リー(Bruce Lee)像です。

やはり大人気で、なかなか空く気配がありませんでした。

 

というわけで、一度は見に行くべき夜景でした!

ではでは〜。

 

Pocket

コメントは受け付けていません。