シンガポールからジョホールバルへ行くには 後編

Pocket

きりんですー。

お正月はいかがお過ごしになられましたか?

さてさて、シンガポールからジョホールバル(JB)まで行くのに、

国際タクシーがおススメでございます。。

実際、どうやって国際タクシーで行くのでしょうか?

 

Sponsored

 

クイーンストリートターミナル(Queen Street Terminal)

singapore-johor taxi

まず、最寄りのMRTブギス(Bugis)駅近くにある

クイーンストリートバスターミナルへ向かいましょう。

ここに、バスや国際タクシーが出入りしています。

だいたいここでブラブラしているとタクシー運転手に話しかけられますが、

そうでない場合はタクシー運転手に話しかけてくださいね(^^;)

ちなみに、普通のタクシーでは国境越え出来ません

ライセンスを持ったここにいる国際タクシーを利用してください。

 

料金は、JBのコタラヤ2(Kotaraya 2)まで

貸切の場合、S$ 40(約3,300円)。

乗り合いで乗る場合、S$40/4=S$10ですね。

大体JBのどこまで行くか聞かれますが、

直接目的地まで行く場合は、S$ 40 + α ~ S$ 50(交渉次第)で行けます。

 

※私はここではマレーシアドライバーしか利用したことしかないので分かりませんが、

シンガポールドライバーの場合、コタラヤ2までしか行けないそうです(未確認)。

 

ターミナル地図:クリックすると拡大します

 

乗車後

ドライバーからイミグレカードを渡されますので、記入してください。

この写真はないのですが、名前や滞在先、パスポートナンバー、滞在理由等々。

よくある感じですので大丈夫だと思います。

書き終えましたら、ドライバーにパスポートイミグレカードを渡します。

そして、車に乗ったまま、通関します。

その際、係の人に自分の顔は見えるようにしておきましょう

 

 

メリット

国際タクシーのメリットは、何といってもとーっても楽チンです。

マレーシアまで降りる必要もありません。

冷房も効いていて気持ちいいですよ。

大きい荷物を抱えている場合は、なおさらメリットを感じると思います。

 

ではでは今回はこの辺で〜。

 

Pocket

コメントは受け付けていません。