シンガポールからジョホールバルへ行くには 前編

Pocket

どもどもです。きりんです。

シンガポールは経済とともに観光立国でもあるため、

旅行に行かれる方多いと思います。

マーライオン周辺では多くの日本人を見かけました。

さてさて、シンガポールのお隣にはマレーシアがあります。

せっかくでしたら、ついでにジョホールバルも観光しちゃいましょう

(ジョホールバルについては以前の記事↓で簡単に説明しました)。

Sponsored

 

シンガポールとは

シンガポールと聞くと、まず地理の中学校のテストで

NIEs(新興工業経済地域)の一つと出たのを思い出します。

この国を簡単に説明しますと、

公用語は、英語、マンダリン、マレー語とタミル語。

このことからも分かる通り、華僑を中心とする多民族国家。

また、香港とは違い、中心部では英語は完全に通じます。

国際空港にチャンギ空港があり、多くの国を結ぶアジアのハブ空港となっています。

Lee Kuan Yew(リークアンユー)初代首相らの采配によって

今の発展まで成し遂げた国といわれています(現在、リーシェンロン首相)。

先進国も見習うべき独自の制度が次々と作られており、とても面白い国です。

 

さてさて、

シンガポールからマレーシアのジョホールバルへ観光で行くには、

  • バスで行く
  • 国際タクシーで行く

この2つの方法があります。

バスで行く場合、安いのですが、

  1. 混雑必須(荷物多いと厄介)
  2. 何回も乗り降り必要で、面倒くさい
  3. バス停についてから結局目的地までタクシー移動が必要になる

ため、私は国際タクシーを利用しています。

よほど節約していなければ、国際タクシーがオススメです。

今回は、その国際タクシーの利用方法をお伝えしていこうと思います。

 

と、思っていたのですが、いつも通りスペースがございません!

後編に続きます↓

ではでは失礼しますねー。

 

Pocket

コメントは受け付けていません。