クアラルンプール国際航空(KLIA)のキャセイ(CX)ラウンジに潜入【マレーシア】

Pocket

きりんです。

これまでクアラルンプールへはエアアジアでしか来たことがなく、ラウンジ利用とは程遠い状況でした。

ですが、今回はクアラルンプールから帰国の際にJALのプレエコ利用でしたので、ラウンジを利用しました。

 

Sponsored

 

KLIA(マレーシア国際航空)のワンワールド上級会員が利用できるラウンジ

  • キャセイラウンジ
  • マレーシア航空のゴールデンラウンジ

の2種類のようです。

今回はプレエコ利用なのでキャセイラウンジのみ利用可。

 

場所

出国審査を終えたら、電車でサテライトターミナルに移動して、

ベルサーチの前にあるエレベーターで2階に上がって、

左手に進みます。

すると、右手に見えます。

 

ラウンジの印象

狭くて席が少ないのでJAL利用時だと席が埋まってました。

シャワーがなく、トイレも微妙。ラウンジの無料WiFiは利用可。

スタッフはテキパキ仕事していましたが、ハードの面で全体的にかなり残念な印象でした。

これならステータスさえあればゴールデンラウンジに移動かなと思いました。

 

食事

油っぽい食事が多くて、こんな感じ。

パスタ、鶏の甘辛炒め、ボイル野菜、ナシゴレン、マレーシア風おしるこ。

その他ラクサなどもありました。

この中で唯一マレーシア風おしるこが絶品でした。

ココナツミルクとタピオカが入っているのですが、くどくなくない独特な甘さ。

これはおすすめです。

 

注意

なお、チェックインカウンターのオープン時刻は空港によって異なり、KLIAのJALチェクインカウンターは出発時刻の約3時間前から開きます。

その前から来ても、ラウンジは使えませんし、長椅子で待つことになるので注意です。

 

Pocket

コメントは受け付けていません。