エアアジア(Air Asia)を使ってLCCT in クアラルンプール(マレーシア)に到着したら

Pocket

きりんでーす。

友人がLCC(ローコストキャリア)で有名なエアアジア(Air Asia)を使って

マレーシアの首都クアラルンプール(Kuala Lumpur)に訪問するということで、

一緒にお話ししたことをここにメモっておこうと思います。

到着してから市内に出るまでどうするかという話なんですが。。

 

まず、クアラルンプールの国際空港というと、

KLIA(Kuala Lumpur International Airport)だと思います。

ところが、エアアジアのようなLCCを使って行く場合、

LCC専用ターミナルLCCT(Low Cost Carrier Terminal)に

到着することになります。

 

注意

現在、LCCTは廃止され2014年より新たにKLIA2というLCC専用新ターミナルに移行されています。

空港の位置関係もLCCTとKLIA2は異なります。

本記事は過去のことであるという前提で、お楽しみくださいませ。

スポンサードリンク

 

入国審査まで

エアアジアでLCCTに到着すると、

まず機内から空港の入り口まで歩いて行きます。

待ってても、バスも何もやってこないんです。

マレーシアに入国する場合は、入り口から目の前にある

上りエスカレーターを使って上がってください。

※左へ行ってしまうと乗継ぎ(トランジット)になってしまいます。

 

上がると、すぐに入国審査が待ち受けています。

私たち外国人用の列に並んでください。

遅く行くととても混み合うので、

航空機を降りてから早めにここまでは来た方が良いと思います。

入国審査自体は、だいたい何も言われずあっさり終わります。

 

終わりましたら、そのまま道に沿って歩いて行き、

エスカレーターを降ります。

降りましたら、目の前にはSIMカード売り場が見えます。

そこを右に曲がると、預入荷物のターンテーブルへ出ます。

トイレもターンテーブル近くにあります。

ここまでの間に、外貨両替所が2つありますので、

荷物を受け取ってからある程度両替するといいかもしれません。

 

 

タクシーのクーポン売り場

最後の税関は、今降りたエスカレーターを真っすぐ歩いて、

左へ行ったところにあります。

税関を通って、すぐ目の前にタクシークーポン売り場が、

その左奥には、バスのクーポン売り場があります

(バス乗り場でも直接バスクーポンは買えるらしいです)。

LCCTでは、タクシーはクーポン制ですので注意してください。

今回はタクシーについてですが、

クーポン売り場で、行き先荷物を伝えてお金を支払うと、

行き先などが印字されたクーポンが頂けます。

ホテルのバウチャーを見せると正確に伝わると思います。

だいたい価格は、荷物の種類や数などにもよりますが、

クアラルンプール市内までで75RMくらいです。

 

 

タクシー乗り場へ

出口を出たら、ずーーーっと真っすぐ進んだところに、

The Coffee Bean(コーヒービーン)が左手に見えます。

そこの前にある横断歩道を渡ったところにタクシー乗り場があります。

そこに面倒くさそうにいる係員(失礼!)にクーポンを見せてあげてください。

ココまでくれば、もう大丈夫だと思います。

 

バスも一度利用したことがあるのですが、

直接目的地に行くことは出来ませんが、

タクシーに比べてとっても安いのは魅力ですよ。

 

今日はこの辺で。

ではでは〜。

 

Pocket

コメントは受け付けていません。