アクションカム SONY HDR-AS300 レビュー【空間光学ブレ補正】

Pocket

きりんです〜

だいぶ前に購入したのですが、すっかりレビューするのを忘れてました。

ソニーから出てるアクションカム「SONY HDR-AS300」です。

他のアクションカムと異なる点は、4万円未満で空間光学手ブレ補正が付いてること。

こういったアクションカムって、動きながら撮ることが前提なので、

アクションカムのブレ補正ってすごく大事だと思います。

なお、よく比較されるGoPro Hero 5電子式手ブレなので、ソニーの方が良いですね。

Sponsored

 

HDR-AS300開封

中身はこんな感じ👇

  1. 保証書
  2. リチウムバッテリー
  3. Micro USBケーブル
  4. 本体とウォータープルーフケース
  5. マウント

 

HDR-AS300外観

 

ディスプレイ側

こちらでは主にメニュー操作

 

上側

電源ボタンと録画ボタン(赤)

 

側面部

上からHDMIポートMicro-USBポート音声入力ポートがあります。

 

下側

マウントのためのネジ穴Micro SDカード挿入口

 

👆こんな感じで入れることが出来ます。

 

ウォータープルーフケースを装着

ウォータープルーフケースを装着してみました。

これで水深60mまで一緒に潜れます。

 

装着したままでも(水中でも)、

録画ボタン電源ボタンを押したり、メニューの操作などが出来ます(嬉しい)。

また、HOLDすればロックすることも可能。

 

👇のようなサードパーティー製のマウントを使って、

go pro用のアクセサリーを使うことも可能

 

専用アプリ「PlayMemories Mobile」(iOS / Android対応)を使って、

画面を確認しながら撮ったり、録画したものを確認することも出来ます。

 

動画サンプル

実際に本機を使って動画を撮ってみました。

 

グアム編

👆このグアムの記事はこちら

 

宮古島編

 

バリ編

👆このバリの記事はこちら

 

HDR-AS300の主な仕様

  • 重量 約84g
  • 外寸 約 29.4mm x 47.0mm x 83.0mm
  • 満充電時間 約4時間50分
  • イメージセンサー 1/2.5型 Exmor R CMOSセンサー
  • 総画素数 約857万画素

ソニーストアより引用

 

こちらから購入出来ます👇

ではでは〜

 

Pocket

コメントは受け付けていません。