【スマホ】Lenovo A1000ゲットだぜ@Sprint-Cass / チャンギ空港

Pocket

きりんです〜

これまでタイで購入したNokia105のガラケー↓を海外へ行く度にお世話になっていました(もちろんiPhoneも持っていくんだけど・・)。

ところが、なんと充電器がどうしても見つからない( ;  ; )

今と違ってmicro usbとかそういうのではなくて、専用の汎用性の効かない充電器なので新たに購入するしか無い!

でも、そもそも携帯自体が激安だったから、充電器の方が高くなりそう・・

 

というわけで、

チャンギ空港の出国手続きを出た制限エリア内に携帯屋さんがあったので、買っちゃいました( ´ ▽ ` )

今回は日本語入力が出来るスマホ!Lenovo A1000です。

 

Sponsored

 

そもそもなんでLenovo A1000にしたの?

まず店内を見回してみて、スマホの中で安かったから。S$93(約¥7,500)でした。

前回のNokiaは英字しか打てなかったため、SMSなどするときは怪しい日本語で打つしかありませんでした。

でも今回は日本語入力出来るし、ネットできるし、アンドロイドアプリも入れられる!

 

仕様は、以下の通り

  • OS: Android
  • Processor: Spreadtrum 1.3GH Quad-core
  • Display: 4.0″ WVGA (800*480)
  • Memory: 1GB RAM + 8GB ROM
  • microSDで32GBまで増量可
  • メインカメラ: 5MP
  • 前面カメラ: 0.3MP
  • バッテリー: 2050mAh
  • SIM: デュアルSIM(3G&2G)

 

Lenovo A1000を開封!

 

中身は以下の通り

  1. スマホ本体
  2. 取扱説明書
  3. イヤホン
  4. バッテリー
  5. 充電器(これ要らない)
  6. Micro USBケーブル

 

Sponsored

 

スマホ本体を見てみます

マットな黒の本体。

本当は白が欲しかったんだけど、これはこれでアリかもね٩( ‘ω’ )و

 

裏側は、こんな感じ。

Lenovoのパソコンを思わせる質感。

そういえば日本でLenovoスマホって売ってるの見たことない。

Amazonでもこういうのしかないよね↓

厚さはこんな感じ。

持った感じちょうどいい感じ!

 

フロントカメラとフロントスピーカーがあります。

ちなみに、スピーカーは裏面にもあります!

 

ホームボタンはこんな感じ。使いやすそう〜( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

Micro USBコネクタと、イヤホンジャックがあります。

 

Sponsored

 

早速セットアップしてみます。

上は取説。これはSIMを入れるのに、バッテリーカバーを外すタイプ

安い海外スマホはこのタイプが多いですね。

裏面の左下の凹みからカバーを慎重に開けます。

 

開きました。バッテリー無いと中はこんな感じ。

 

SIMを入れてから、バッテリーを入れてみました。

注意は、SIMは縦ではなく横向きで入れます。

SIMの隣には、Micro SDカードが挿せるようになっています。

 

Sponsored

 

電源を入れてみます!

おぉ〜なかなかいい感じ!始めから日本語を選べるのね〜。

 

セットアップを済ませました。

ホーム画面はこちら。

ちょこっと使ってみたのですが、期待以上にすごく使える!!

確かに始めは多くのアップデートがあるのでそれらを走らせながらのアプリ起動はもっさりしたのですが、

それ以降は全く問題なし。

 

今のところYoutubeも全くカクつかずに観られています。

買ってよかったです!

 

ご参考になれば幸いです。ではでは〜

 

Pocket

コメントは受け付けていません。